売れる物を売るのがビジネスの基本

物販ビジネスを変えた!岩松勇人の驚くべき手法とは?

>

岩松勇人流物販ビジネスが他のツールと違う理由

購買意欲の高い人が集まってくる

普段、インターネットで買い物をしようとした時、大手ショッピングサイトを利用するという人は多いのではないでしょうか。やみくもにネットサーフィンをするよりも、ショッピングサイトを検索した方が欲しい物がダイレクトに表示されますし、大手であれば信用度も高いです。

対面式の販売ではなく、金銭のやりとりもクレジットカード引き落としや振込みの場合、お金だけ支払って品物が来ないのではと不安になります。大手販売サイトであれば、トラブルが起きても、仲介してくれるという安心感があるので、利用するならば大手サイトだという人がほとんどです。

それを逆手に取り、販売ビジネスに参入する人は、販売経路を持つ大手販売サイトを利用すると顧客開拓をする必要がありません。そのサイトに掲載すれば同時に宣伝効果になるのです。

縛りをなくして品物を厳選する

扱う品物は、厳選したほうがよいですが、ジャンルを絞るのは逆効果です。アンティークしか扱わない、パソコン関係の物だけ、衣類だけなど縛ってしまうとチャンスが狭まります。特に扱うジャンルを限定する必要はありません。

しかし、何でもかんでも闇雲にあつかってしまうのは無駄がでてしまいます。大量に仕入れても高値がつかなかったり、買値よりも売値の方が安くなってしまったりすると利益が出ません。ここでいう厳選するというのは、売れる品物を厳選するという意味です。

どういうことかというと、売買は、欲しい人がいて、売る人がいるから成り立ちます。つまり、欲しい人がたくさんいるのに、売る人が少ないこういう商品を厳選して扱えば利益が出るということです。


このTOPICSをシェアする