売れる物を売るのがビジネスの基本

物販ビジネスを変えた!岩松勇人の驚くべき手法とは?

発想の転換がビジネスチャンスを生む

世の中に物販ビジネスのやり方は、あまたありますが、成功する物販ビジネスと失敗する物販ビジネスがあります。成功する物販ビジネスは、どこが違うのでしょうか。物販ビジネスで成功を収めた岩丸勇人流物販ビジネスの成功ポイントを検証します。

大手不動産会社の営業をする傍ら、副業として物販ビジネスをしていた岩松さんですが、成功とは程遠いところにいました。物が売れても仕入れ価格を引けばほとんど利益が出ないどころか、在庫を抱え赤字ということも珍しくありませんでした。時には偽者を掴まされたり、売る前に壊れてしまったりと商売にならないこともありました。

具体的にどのようなことかというと、物販ビジネスを始めるきっかけとなったのが、部屋にあったインターネット関係やビジネス関係の書籍をオークションサイトで売却したのがきっかけでした。

当初、副業を考えていて、それらの関連する書籍を集めてはみたものの、読み終わり書籍が本棚の飾りと化してしまい、書籍のせいで部屋も狭くなるのならばと書籍を売りに出します。

すると、購入した金額とほとんどかわらない金額で売れたのです。もちろん、購入してから何年も経っておらず状態がよかったというのもありますが、これほどの値段で売れるとは予想していなかった岩松さんにとって、その出来事が転機となり物販ビジネスに踏み出します。

しかし道のりは決して平坦ではなく、生活していくのがやっとの日々でした。そんな岩松さんが、ある一人の人物との出会いによって、ビジネスが気道に乗り始めます。しかし出会ったからといって何もせずにビジネスが成功したわけではありません。その人物のアドバイスに従って、今までのビジネスの仕方を変えたのです。